テーオドル・アドルノ「新たな極右主義の諸側面」
601d17c231862561c2c9cfd5

テーオドル・アドルノ「新たな極右主義の諸側面」

残り1点

¥2,750 税込

送料についてはこちら

(原書: Aspekte des neuen Rechtsradikalismus / 橋本 紘樹 翻訳) 2019年以降ドイツで7万部突破のベストセラー! いま響くアドルノの言葉 「嘘に嘘を対置したり、同じくらい狡猾であろうとするのではなく、理性の決定的な力で、まさに非イデオロギー的な真理で向き合わねばならないのです」 ヨーロッパでグレタ世代を熱狂させた、アドルノの《新刊》。 『新たな極右主義の諸側面』は、テーオドル・アドルノがオーストリア社会主義学生同盟の招待に応じて一九六七年四月六日に行った講演であり、これまで音声記録しか残されていなかった。二〇一九年、アドルノの没後五〇年に改めて出版されたところ、週刊誌『シュピーゲル』のベストセラーリストに七ヶ月もの間名前を連ね、二〇二〇年四月時点で七万部という古典的な思想家の書物としては異例な売れ行きを見せたほか、各新聞に取り上げられるなど、ドイツ国内で大変な反響を呼んだ。 Warum die Generation Greta plötzlich Adorno liest 50周年を迎えて、アドルノは彼が決して望んでいなかった姿になった。そう、ポップスターに! https://www.spiegel.de/panorama/theodor-w-adorno-aspekte-des-neuen-rechtsradikalismus-warum-junge-menschen-das-buch-kaufen-a-61300187-8918-4735-8000-c2c2e1dc361e なにかある予想図を描けば、将来に対する不安を解消したいという願望は充足されるかもしれない。しかし、その際、自分自身もまた社会の一員であり、「政治的主体」として現実の社会問題の展開に責任を有しているという事実は顧みられない。アドルノにとって肝要なのは、単なる嘆きや静観的な姿勢ではなく、現実の諸関係に身を晒し、わずかでも改良を進めていく忍耐強い作業であった。(「訳者あとがき」より) 仕様:B6変型判/並製/122ページ 発刊:2020年12月 発行:堀之内出版 [プロフィール] テーオドル・アドルノ (著/文) 一九〇三~一九六九年。ドイツの思想家。ナチスの台頭とともにアメリカに亡命、戦後はドイツへ帰国。フランクフルト社会研究所を中心に活躍。主著『啓蒙の弁証法』『ミニマ・モラリア』『文学ノート』『否定弁証法』『美の理論』他。 橋本 紘樹 (ハシモト ヒロキ) (翻訳) 一九九二年滋賀県生まれ。二〇一七年~二〇一九年日本学術振興会特別研究員(DC2)。二〇一八年~大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学特任研究員、二〇一九年~京都大学他非常勤講師。訳書に『みんなのコミュニズム』堀之内出版、二〇二〇年、『アーレント=ショーレム往復書簡』岩波書店、二〇一九年(共訳:細見和之・大形綾・関口彩乃・橋本紘樹)、主要論文に「アドルノにおける二つのハイネ講演、あるいは文化批判と社会」日本独文学会機関誌『ドイツ文学』第156号(第59回ドイツ語学文学振興会奨励賞受賞)。