西谷修「“ニューノーマルな世界”の哲学講義」
601d18f76728be44a2766722

西谷修「“ニューノーマルな世界”の哲学講義」

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

先行き不透明な“ニューノーマル”の世界を疑え!! 学問領域のみならず、テレビ、新聞、Webメディアなどで幅広く活躍する哲学者・西谷修による、現代の人間が「哲学的に考える」ことについての超入門書。キャッチーだけど空疎で怪しい「言論」がネット空間を埋め尽くす今の社会で、人間がまともにものを考えるためにはなにが必要なのか? そもそも考えることってどんな意味がある? 古代より人類に脈々と受け継がれてきた「哲学の伝統」、現代社会を形作った「戦争と文明の歴史」、オリンピックにもかかわる「身体性」などのキーワードを深く解析。コロナ禍、無限に拡張するデジタル技術――あらゆるものが不安定かつ急激に変化する世界に、「ただ流される」ことなく生きる方法のすべてがここにある!! [目次] プロローグ 第1章 「考える」ことを考える 1 「哲学的思考」とは何か 012 2 言葉から哲学へ 024 Column はじめに言葉ありき 034 3 ソクラテスの墓標 035 4 哲学は「役に立つ」のか? 045 5 「日本語で考える」とは 056 Column 近代ヨーロッパの「常識」 067 第2章 「考える」ことの実践/戦争とオリンピック 1 近代ヨーロッパ・アメリカの戦争 070 2 20世紀の世界戦争 088 3 神話の役割 096 Column 人間のいない世界の美しさ 112 4 新しい戦争 114 Column 資本家と法人企業のための国家 131 5 「文明」の構造 133 6 スポーツの中に生きる身体 145 7 「人間」の祭り 160 Column 古代ギリシアのもうひとつの祭り 169 第3章 総論/サイバー・レールのその先へ 1 「わたし」とは何か 172 2 哲学の近代~現代 184 3 「人間」が生き残るために 195 エピローグ 207 仕様:四六判/並製/212ページ 発刊:2020年12月 発行:アルタープレス カバーイラスト:榎本俊二 [プロフィール] 西谷修(にしたにおさむ) 哲学者。1950年生まれ。東京大学法学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治学院大学教授、東京外国語大学大学院教授、立教大学大学院特任教授を歴任したのち、東京外国語大学名誉教授、神戸市外国語大学客員教授。フランス文学、哲学の研究をはじめ幅広い分野での研究、思索活動で知られる。主な著書に『不死のワンダーランド』(青土社)、『戦争論』(講談社学術文庫)、『夜の鼓動にふれる――戦争論講義』(ちくま学芸文庫)、『世界史の臨界』(岩波書店)、『戦争とは何だろうか』(ちくまプリマー新書)、『アメリカ異形の精度空間』(講談社選書メチエ)などがある。