石原弦「詩集『聲』」
new
602e3a13aaf0435cae1789f8

石原弦「詩集『聲』」

残り2点

¥2,585 税込

送料についてはこちら

岐阜県恵那市の泊まれる古本屋「庭文庫」から詩集が発売されました。 ----------- 飄々として しずかで 土の匂いがする 20年間豚を育てながら 静かに毎日を見つめてきた男の はじめての詩集 ------------- 本文ページがはじまる前に、一枚手透きの美濃和紙を使用し、透明感のある本になっています。 仕様:上製/168ページ 発刊:2020年9月 発行:あさやけ出版 [プロフィール] 石原弦 一九八〇年、岐阜県生まれ。 生後間もなく岐阜県恵那市の山村、串原に家族と移住。 『アジア生活農場ゴーバル』(現、山のハム工房ゴーバル)という共同体の中で、豊かな自然と訪れる様々な人々に囲まれて育つ。十代の頃から詩に関心を持ち始め、自分でも少しずつ書き始める。山形県の基督教独立学園高校を卒業後、農業等の研修を国内外で行い、詩の現場を人と自然との関わりの中に求める。二〇代半ばに地元、恵那市串原の養豚農家の経営を引継ぐ。二〇二〇年、第一詩集『聲』と『石』をあさやけ出版より刊行。