ポール・オリヴァー「ブルースの歴史」
6038a9132438603188b4c2b1

ポール・オリヴァー「ブルースの歴史」

残り1点

¥6,578 税込

送料についてはこちら

1969年ロンドン初版の名著が、97年改訂版にもとづく増補改訳で甦る。ブルースの来歴のみならず、アメリカ社会の激動の近現代史をも描く。人種隔離の19世紀に生い立ち、平等への要求の盛り上がる20世紀を背景に紡がれる、黒人音楽の物語。500点超の貴重写真・図版収録。翻訳は文明評論家・増田悦佐(=米口胡)氏、解説はPヴァイン・レコード創業者の日暮泰文氏と、こよなき布陣でおくる決定版。 [目次] 序 長く暑い夏の日 コトンフィールド・ハラー 泥んこ道を行けば フロッギーボトムからバックヘッドまで ベッドの張り板もなにもかも ラビット・フットとトビー・タイム ストラティン・ザット・シング ウォーキング・ザ・ベイシズ どこに行っても苦しい時代 シカゴ・ブレークダウン ミシシッピにもどると トラヴェリン・メン――旅芸人たち スト破りナンバー・ワン キング・ビスケットの時間 ブルースと悩み ミュージック・イグザンプル(譜例) 定期刊行物、単行本、ディスコグラフィー 解説 日暮泰文 索引 仕様:A4変型判/上製/208ページ 発刊:2020年12月 発行:土曜社 [プロフィール] ポール・オリヴァー ブルース研究者、建築史家。1927年、英国ノッティンガムに生まれる。青年期からブルースの音源・書物の蒐集を開始し、51年に最初の署名記事を発表。以来『Blues Fell This Morning』(60年)『ブルースと話し込む』(65年)『Screening the Blues』(68年)『ブルースの歴史』(69年)『Blues Off the Records』(84年)などの著作を発表し、世界のブルース研究を牽引する。アフリカ系アメリカ音楽の起源と発展をめぐるインタヴュー、現地調査、蒐集資料などは英国グロスターシャー大学が《ポール・オリヴァー・コレクション》として保管する。なお、97年には『Encyclopedia of Vernacular Architecture of the World』全三巻を発表するなど建築史への貢献も多大。