ささめやゆき「異国の砂 LE METEQUE」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ささめやゆき「異国の砂 LE METEQUE」

残り1点

¥2,420 税込

送料についてはこちら

20代のある日、彼は絵を描くことを決意し船に乗った。 シベリア鉄道を経てフランスの西岸までたどり着いたとき彼の異邦人としての暮らしが始まった。古いラジオから流れていたのは吟遊詩人ジョルジュ・ムスタキの歌声。 ムスタキはユダヤ人としてエジプトに生まれ、ギリシャを経て放浪の末にパリに辿り着いたのだ。40数年を経て、彼・ささめやゆきはムスタキの歌っていた歌を絵にする作業に取り掛かる。 遠い昔の友人との再会、そして何よりも異邦人であった自分自身との邂逅。 触発された工藤有為子がテキストを添える。 仕様:B5変型判/並製/72ページ 発刊:2020年3月 発行:ハモニカブックス [プロフィール] ささめやゆき 1943年東京生まれ。85年ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞、95年小学館絵画賞、99年講談社出版文化賞さしえ賞受賞。著書に『ガドルフの百合』『十四分の一の月』『ButとOr』『いとしい小鳥きいろ』『イワンのむすこ』『椅子/しあわせの分量』『細谷正之銅版画集』『幻燈サーカス』ほか。