木下龍也,岡野大嗣「玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

木下龍也,岡野大嗣「玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ」

残り1点

¥1,540 税込

送料についてはこちら

男子高校生ふたりの七日間をふたりの歌人が短歌で描いた物語、二一七首のミステリー。最注目の新世代歌人、初の共著。 仕様:B6判/上製/136ページ 発刊:2018年1月 発行:ナナロク社