益田ミリ「脚本版 ほしいものはなんですか?」(コーヒーと一冊)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

益田ミリ「脚本版 ほしいものはなんですか?」(コーヒーと一冊)

残り1点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

コミック、エッセイ、小説など幅広い分野で活躍されている益田ミリさんですが、脚本は未知の世界。しかも、原作はロングセラー漫画『ほしいものはなんですか?』。 あの傑作が著者自らの手で新たな面白さを見出され、「新作」となって完成しました。 こんな読書の楽しみがあったんだ!! カフェでコーヒーを飲みつつ、脳内で一時間ほどのドラマを 鑑賞する。これは、そんなイメージで書いた脚本集です。――「あとがき」より 仕様:四六判/並製/96ページ 発刊:2016年08月 発行:ミシマ社 [プロフィール] 益田ミリ(ますだ・みり) 1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主な著書に、『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』(以上、ミシマ社)、『お茶の時間』(講談社)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『泣き虫チエ子さん』シリーズ(集英社)、絵本『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)など。『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)は2012年に映画化された。